チャネリング体質になる為に・5

これまでに、下丹田、中丹田について説明してまいりました。

今回は上丹田について説明いたします。

 

その前に、少し脱線しますが

<丹田を使ったコミュニケーション方法> をご紹介します。

  

アナウンサーや歌劇など、声を出すお仕事の方はご存知と思いますが、声を出すための訓練に

丹田発声法と云うものがあります。

この方法は、下丹田を意識して、下丹田から声を出す発声法です。

そうすることで、

大きく澄みきった声を出すことができ、力強く

はっきりと自分の意志を伝えることができます。

積極性や情熱を表現する発声法です。

 

では、中丹田から声を出す【中丹田発声法】だと、どうなるのでしょうか?・・・・

中丹田を意識しながら、中丹田から声を出す方法だと

下丹田発声法とは全く違うニュアンスの声になります。

それは

優しく、柔らかく、静かで、相手を安心させる癒しの音質となります。

相手を受け入れ包み込む許容の広さを感じさせる声が出ます。

カウンセラーや心を癒すお仕事の人にはぜひ実践して頂きたい発声法です。

 

では上丹田から声を出すとどうなるでしょうか?

試してみて下さい!

どうでしょうか?

声帯は喉にある為、上丹田から声を出すとなると、たぶんうまく声が出ないと思います。

私が試すと、

声が鼻から抜けて、声になりません。

「ワタシハ宇宙人デス~~」と言うとピッタリな感じの奇声になります。(笑)

かん高い鼻声で、まるで超マヌケ声です。

人前では到底お披露目できないヘンテコ声でした。(≧◇≦)

多分、宇宙人とコンタクトを取る人は上丹田発声法でおしゃべりしていると思われます。

 

上丹田の場合は、声は使わず、高次への無音の発声法(テレパシー)を得意とします。

 ですので、チャネリングをするためにはとても有効的なのです!

 

 やっと本題に入っていきます。

下丹田、中丹田の説明を何回かに分けて説明してきましたが、一番大切なのがそう!

「上丹田!」

上丹田を活性化することでチャネリング体質になっていけるのです。

 

 

💛下丹田
意思の伝達   エーテル体のコミュニケーション
💛中丹田 愛(心の声)の伝達   アストラル体のコミュニケーション
💛上丹田 高次との通信 メンタル体のコミュニケーション

 

 

●脳呼吸(上丹田呼吸)

 

まず椅子に座り全身の緊張を取り、リラックスします。

〈背筋は軽く伸ばします)

息を吐いてお腹の空気を抜き切ります

(お腹に溜まった邪気を抜く感じ

 

 

 目を閉じて、内なる目で上丹田(眉間の奥・松果体)を見ます。

球体の光り輝く上丹田をイメージしてください。

 次に鼻から空気を上丹田をめがけてシューと早く、強めに吸い込みます。

 ポイント>空気が胸やお腹に下がらないように、喉の奥を少し閉めながら吸う。

       イメージで脳を膨張拡大させるようにします。

 頭蓋骨を押し広げて頭が大きくなるように空気を送ります。

 眼を閉じて吸うとイメージし易いです。

 空気が脳に充満していき、上丹田から外側に押していく感覚を十分味わって下さい。 

 大量の空気が脳に入ると思います。(3~4秒間)

 

少し息を止める。(1~2秒間)

  ポイント>脳が押し広がっているてのを、リアルに実感して下さい。

 

鼻からゆっくり息を吐き切ります。〈5~6秒間)

  ポイント>脳の緊張を緩め上丹田が大きく光り輝くのをイメージします。

 

これを繰り返します。

 

まずこの脳呼吸に慣れて下さい。

 息をする時間は目安で書いています。

慣れてくれば息は勝手に長くなっていきいますので、時間に囚われず、

マイペースで続けて下さい。

 

 ---------------------------

 

●脳呼吸の効果

・チャネリング能力の向上

・脳の活性化

・痴呆症の予防

・DNAの変成

・霊性の向上

 

 

丹田(下丹田・中丹田・上丹田)3つをバランスよく活性化させることで、クンダリーニン覚醒が起こります。本来持つ潜在能力が開花していきます。

活性させる方法は、呼吸法だけではなく、瞑想中に意識を丹田に集中させるだけでも効果はあります。イメージで上丹田を輝かせることで、よく仏様の絵に描かれている頭光(またの言い方を後光)が頭の回りに金色の光として現れてきます。是非トライしてみて下さい!

次回はその頭光やオーラ、非物質的エネルギーを見る為に注意すべき点を考察していきます。

 

ありがとうございました。

 

出版(スピリチュアル本)

 井間裕子(著

 Amazonジャンル1位に輝いた「チャクラの秘密が

新装版としてヒカルランドより発売!

コチラ>

講座開講日

講座開講日

講座開講日&カウンセリングはコチラ>

講師紹介

講師紹介

講師の紹介はコチラ>

YUKOブログ

YUKOブログ

講師YUKOのブログはコチラ>

アクセス

天王寺駅より5分!

詳細はご予約時にお伝えします。

詳しくはコチラ>